物流の進化形!EC物流って何?

21世紀を形作る、新しい物流のこと、ご紹介します

ネット通販の拡充とEC物流の発展の関連性

EC物流のECとは、エレクトニックコマースの略、つまりインターネットや電子機器を活用した物流サービスのことです。

個人によるオンラインショップでの買い物で、どこへでも商品がいち早く届くよう、全国の倉庫で商品を管理しているのも、このEC物流の進化の賜物です。
大規模に商取引を展開する大手のネット通販会社の場合、倉庫を全国に展開し、注文した消費者の最寄りの場所から商品を取り寄せることで、可能な限り早いレスポンスで、商品を届けることができるようになっているのです。

EC物流は、何も大手のネット通販会社の専売特許ではありません。
中小のネット通販会社から実店舗を持つ企業や小売り、そして個人まで、多くの商取引を行う人たちが、こうした流通システムを利用しているのです。大手と異なるのは、荷物の運搬や管理といった物流部分を自分たちの手で担うのではなく、EC物流専門の業者を利用して行っているということです。
こうしたEC物流だけを切り分けた、物流のアウトソーシング化が進んでいます。

このようにEC物流による商品の取引件数と金額は年々、増えています。あなたもネット通販サイトを利用したことがあるのではないでしょうか。その影にもEC物流の活躍があるのです。
今やEC物流は、国内の物流を支える重要な柱となっており、我々の生活には欠かせない存在となっています。

そして、その競争は日々、激化しています。各流通業者は、新しいサービスを提供することで、他社との差別化を図ろうと模索しています。

おすすめリンク

どこへでもいち早く商品を届けるために

かつて物流は地域で格差があり、場所によって手に入るもの入らないものの差が顕著でした。 ところがネットで商品が購入できるようになると、その差は一気に縮まり、全国津々浦々、どこへでも商品が欲しいと思った時に、ほぼ届くようになりました。 それによって、爆発的にEC物流は重要性を増すようになったのです。

シェア拡大を目指して、激化する流通競争

料金体系の見直しをすることで、物流コストの軽減を打ち出そうとする業者がいる一方で、どこよりも早く商品を届けようと様々なサービス内容を打ち出している企業もあります。 そうすることで、国内の物流シェアを拡大しようとしているのです。 進化の過程にあるEC物流。その伸長はまだまだ目が離せないものがあります。

EC物流は今後、どのように展開していくのか

現在、EC物流は、国内外で世界的に展開している大きな企業が、物流も販売もほぼ独占と言っていいくらいの勢いで快進撃を続けています。 そんな中、中小の物流企業は生き残りをかけ、新しいコンセプトをかかげ、大企業にはできない、独自の目線でのサービスを展開しているのです。